多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

風通しがいいということ
2018.05.25
 銀座一穂堂で「齋藤翠恵の書 川端康成に挑む」展が始まった。 この個展の開催には、私も一枚噛んでいる。今年の2月、一穂堂の青野恵子氏の手引きにより、翠恵氏と会った。その時、彼女が以前書かれた「國」という作品の写真を見て、「川端康成の字に似ていますね」と言ったのだ。数年前に見た、川端康成と東山魁夷のコ
 
足にイボができた男
2018.05.21
 3週間くらい前、左脚親指の外側に異変を感じた。よく見ると、ぽつんと小さな突起があった。なんじゃこれ? と思って爪で潰そうとしたのがいけなかったのかもしれない。 それから痛みが増してきた。固まりができて、徐々に広がっている。家人に聞くと、ウオノメではないかと。生まれてからウオノメができたことは一度も
 
うーにゃん先生、大活躍
2018.05.17
 わが家のネコ、うーにゃんが〝引っ張りだこ〟ならぬ〝引っ張りネコ〟である。 このたび、三村邦久著『うーにゃん先生の持ち味コーチング』をフーガブックスより刊行した。うーにゃんが先生となり、まじめが取り柄のイヌ、イチ君に対談形式で指導をするという内容だ。 テーマは、いかにして自分の持ち味を見つけ、発揮す
 
語りかけてくる絵
2018.05.13
 4月9日、春の院展の最終日、ひとつの〝出会い〟があった。 都合の許す限り、春と秋の院展に出向く。最近はマンネリ気味で、ふと「岡倉天心が目指したものはなんだったのか?」と思うことも少なくない。今回も、ほぼノンストップで絵の前を通り過ぎた。なにしろ全部で300点前後ある。ゆっくり見ていたら、日が暮れて
 
衆愚政治への道
2018.05.09
 国会が19日ぶりに正常化する。 日本は今、衆愚政治への道をまっしぐらに進んでいる。民主主義の最大の長所であり短所は、年齢制限は別として、だれにも等しく一票の権利があることだ。世の中が良くなってほしいと切に願う人も一票、他の人なんかどうでもいい、自分だけよければいいと思っている人も一票。どんな人にも
 
フランク・ロイド・ライトの記憶
2018.05.05
 フランク・ロイド・ライトという名を知ったのは、中学2年生の頃だ。サイモン&ガーファンクルの傑作アルバム『明日に架ける橋』の中に、「フランク・ロイド・ライトに捧げる歌」という地味な曲があった。ガーファンクルが歌うこの曲は、当時の私にとって退屈だった。他のナンバーが充実していただけに、淡白で平板という
 
Recommend Contents
このページのトップへ